住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの基礎知識記事一覧

住宅ローンの返済に行き詰まったら「リスケ」できる!!

★銀行の対応も柔軟になっているのでまずは相談をしましょう!!返済猶予法制定で銀行の対応も柔軟に!!住宅ローンの返済が苦しくなったら、ともあれ、利用している金融機関で相談しましょう。以前は、ハードルが高く、なかなか返済条件の変更などにも応じてくれなかったものですが、「中小企業者等に対する金融の円滑化を...

≫続きを読む

住宅ローンの正解はやはり「フラット35」!!

多くの方が30代、あるいは40代でマイホームの取得をしています。30代・40代はこれから子どもたちの教育費負担が増えてきますし、何かと物入りな年代と言えます。年齢的には定年までまだある程度の年数があるので、基本的には、最長返済期間でもいいので、ゆとりのある返済計画を立てるのがベストでしょう。また、金...

≫続きを読む

固定期間選択型のメリットとデメリット【住宅ローン】

デメリット【固定期間選択型住宅ローン】固定期間終了時には金利が上がり、返済額が増える可能性がある固定期間の長いタイプは金利がやや高くなる返済期間でリスクが変わるメリット【固定期間選択型住宅ローン】特約期間中は市中の金利が上がっても金利は変わらない金利引き下げ幅が大き<、実質金利が低い特に固定期間の短...

≫続きを読む

変動金利のメリット&デメリット【貧乏人こそ読め】

金利動向に応じて5年ごとに返済額見直し!!変動金利型ローンというのは、簡単に言えば、市中の金利動向に応じて住宅ローンの適用金利も変わるローンのことです。借入後は半年ごとに適用金利の見直しが行われます。ただし、頻繁に返済額が変わるのでは資金計画を立てにくいので、返済額の見直しは5年に1回となっています...

≫続きを読む

全期間固定金利のメリット&デメリット!!

メリット完済まで金利、返済額が変わらないので安心して資金計画を立てることができるフラット35ならほとんどの金融機関で利用できる返済期間を短くすれば金利が低くなるローンもあるデメリット変動金利型や固定期間選択型より金利が高い金利が低下したときにも返済額が変わらない低金利のいまこそ全期間固定金利型が有利...

≫続きを読む

銀行ローン・フラット35 どちらがいいの?【答えは明白】

現在の住宅ローンの主流は銀行ローン!!最初に、住宅ローンにはどんな選択肢があるのかをざっと押さえておきましょう。現在、最も利用者が多い主流の住宅ローンは、民間の商品である銀行ローン(信金、信組、JAを含む)です。銀行は身近な存在であり、金利タイプの種類も豊富なのが特徴。都市圏在住の大なら、大手銀行(...

≫続きを読む

【金利が上昇するぞ】 住宅ローンの金利タイプと選び方!!

住宅ローンには、大きく分けると三つの金利タイプがあります。資金計画を考えるときには、金利が何%かだけではなく、この金利タイプの違いをしっかりと理解しておく必要があるのです。★金利のタイプと 特徴を知ろう!!実際に住宅ローン商品を選ぶ前に、「金利のタイプ」について知っておきましよう。金利タイプは、大き...

≫続きを読む

銀行の住宅ローンを細かく解説【2019年・金利上昇中】

2019年は住宅ローンの金利が上昇すると多くの専門家が予想しています。ここ数年行われてきた日銀のゼロ金利政策で、住宅ローンの金利は空前の低金利を記録してきましたが、そのような流れに暗雲が立ち込めています。いうなれば、これまでの低金利が異常な事態だったと言えるのです。今後は住宅ローンの金利の選び方、商...

≫続きを読む

教育費を考えて住宅ローンを組みましょう!!【住宅購入】

子どもひとり当たりの教育費は1000万円!!子育て世代にとっての気がかりなのは、何といっても子どもの教育でしょう。義務教育は当たり前として、できれば希望の高校、専門学校、短大、大学などへ進ませてあげたいものです。マイホームのために、子どもたちの教育が犠牲になるようでは、何のためのマイホームかわかりま...

≫続きを読む

 このエントリーをはてなブックマークに追加