マイホーム購入のベストタイミングの時期

マイホーム購入のベストタイミングはこの時期だ!!

ベストタイミングを逃すと辛い!!【マイホーム購入】

マイホームのタイミング

 

マイホームの購入は人生のなかでも最大の買いもであり、最大の決断のひとつといえるでしょう。慎重の上にも慎重を期したいところですが、かといって、あまり慎重になりすぎても絶好のタイミングを失することがあります。購入をスムーズに進めるために、まずは自分たちの生活設計のなかでのマイホームの位置付けを明確にしておくことが重要です。

 

 

マイホーム購入のベストタイミングは?

ほんとうに自分たちはマイホームを買ったほうがいいのだろうか、買っても大丈夫なのだろうか、そんな不安や心配をお持ちの方も少なくないと思います。何しろ数千万円もの買い物なのですから、それは当然のことです。むしろ、不安や心配を感じることもなく、衝動買いに走ってしまっては、後悔先に立たずということになりかねません。しかし、不安だからといっていつまでもためらっていると、購入のタイミングを逃してしまいます。

 

 

マイホームを買わない!!【老後のリスクとは?】

賃貸住まいでも、働けるうちはいいでしょうが、リタイア後はどうするのか?マイホームを買わないでいると、将来的にはいまの不安より、いっそう深刻な事態が待ち受けているかもしれません。ですから、ときには思い切った決断も必要なのです。その決断の前提になるのが、生活設計を明確にしておくということです。若い人なら結婚、出産、現在の仕事とこれからの仕事、収入の見通しなどと、それにあわせた資産形成や住まいの確保などを考えなければなりません。比較的年配になれば、リタイア後の生活、老後資金、相続なども念頭に置いておく必要があるでしょう。単に夢物語としての生活設計ではなく、より現実昧のある青写真を描かなければ、文字通り絵に描いた餅になってしまいます。

 

 

計画的な生活設計がマイホーム購入のポイント!!

しかし残念ながら上記のような具体的な生活設計を持っている人はあまりいないようです。マイホーム購入適齢期といわれる30代、40代でも生活設計を立てている人は10人に4人程度にとどまっていると言われています。これからマイホームを購入しようと考えているなら、生活設計を立てている人は少ないのです。これらかマイホームを購入しようと考えているなら、生活設計を立てている側にならなければなりません。それも、より現実に即して生活設計を考えていく必要があるのです。

 

たとえば、お金の面から自分たちの10年後、15年後、20年後の生活設計をシミュレーションしてみてください。年収や支出などは自分たちなりに将来どの程度増えるのかを予想、一番厳しめの数値を当てはめてください。その結果、住宅を購人した年など、瞬間風速ではマイナスになる年があっても、基調として年間の収支がプラスになり、貯蓄残高が着実に増えるようであれば、まずは心配ないでしょう。反対に、なかなかプラスにならないという場合には、いま少し収入が増えるのを待つ、何年かかけてシッカリと頭金を増やすといった決断が必要でしょう。それも漠然とではなく、明確に「いつまでに」と年月を定めた計画を立てないとなかなか実現しないものです。

 

 

子どもの小学校入学前がマイホーム購入の適齢期!!

人生のなかにはいくつかのマイホーム購入夕イミングがあります。それを外してしまうと、なかなか買えなくなるものが現実です。ようやく収入が増えてきたと思ったら、今度は子どもたちの教育費が重くのしかかってくるなど、何かとチグハグになりがちです。

 

日本人の持ち家志向は依然として強く、実際に多くの人がマイホームを買っているのですが、それも、地域にかかわらず30代が最も大きな比重を占めています。ライフステージから見ると、第一子の小学校入学前が重要なポイントになってきます。入学後だと何かと難しい面が出てくるので、それまでにシッカリとした生活設計を立てて、マイホーム取得を実現しておくのが子どものためであり、また将来の安心につながるのではないでしょうか。

※住宅ローンの基礎知識

※火災保険の基礎知識


 このエントリーをはてなブックマークに追加